• 흰여울 문화마을
  • 흰여울문화마을

フィンヨウル文化マウルは「映画の都市」釜山と関連が深いところである。ハヌル展望台の近くにあり、映画「弁護人」「犯罪との戦争」の背景となった村である。「フィンヨウル」は、影島蓬莱山の水流が海に落ちる時に雪のように白い泡を作ることから付けられた名前である。色とりどりの壁画と映画の名セリフで装飾された家々が海岸の絶壁に沿って続き、その向かい側には美しい釜山の海が果てしなく広がる。

絶影海岸散策路は、総延長3㎞、往復2時間程度の散策路である。全国5大海岸ヌリ道に選定された場所でもある。特に、くねくねと続く散策路を歩くたびに景色が変わり、あちこちにチャンスンと石塔、吊り橋、バラトンネル、波広場、噴水台などの見どころ、楽しめるものがあふれている。散策路を歩いて、少し疲れたり退屈になったら、近くにある75広場とハヌル展望台に立ち寄ってしばらく休んでてもいい。絶影路の南側海岸にある75広場は、釜山影島八景の一つだ。1975年に造成され75広場と呼ばれる。影島区民の代表的な休息空間で、広場の中央にある八角亭に上がると、青い南海が一望できる。

ハヌル展望台は、海岸斜面に造成されたコの字形をした展望台である。透明な床材を使用して、まるで空から海を眺望するような感じを与える。ここには恋人たちの愛の錠前がかかっていて、ロマンチックな情趣がいっぱいに漂っている。ハヌル展望台以外にも、宝探し展望台、対馬展望台など、さまざまなテーマを持った展望台がいたるところに設けられており、探訪客の目を楽しませてくれる。
海の近くを歩きたい人は絶影海岸散策路を、広い海を眺めながら歩きたければ、絶影ヘラン道を選んで歩くことができる。

周辺グルメ

次の駅

관광정보 공유하기