09_국제시장_01
  • 국제시장
  • 국제시장
  • 국제시장

釜山国際市場はチャガルチ市場、富平カントン市場と共に、釜山都心に位置する代表的な伝統市場である。
この市場は6つの区域に分かれ、それぞれ専門化された物品を販売している。
釜山国際市場は、ドテギ市場から始まった。解放後、日本人が残して行った物品と海外帰国同胞らの物品が取引されて市場が形成された。1948年に12棟の商店建物が建てられて自由市場と呼ばれたが、米軍の軍需物資と外国の密輸品まで取り扱いながら、国際市場という名前となった。

千万観客を動員した映画「国際市場」で詳しく描かれている。この映画により、国際市場は国際市場を全国的に有名にしたのは、1953年1月30日に起きた大火災であった。旧正月の目前に起こったこの火災は、一瞬のうちに市場をすべて焼き尽くし、南側の昌善市場まで襲った。9時間以上続いた炎で国際市場の新昌洞、富平洞の数千棟を超える商店街が燃え、近くの家屋1,600棟も消滅した。当時の発表によると、財産被害14億ウォン、被災者2万2千人余りで、被害額は1952年の政府予算の10%に近い額であった。
その後、火災を乗り越えて立ち上がった国際市場は繁栄を享受した。1950年〜1960年代には、米国軍需物資と香港、マカオ、日本などから入ってきた化粧品、時計、服などが全国で売れた。1970年〜1990年代には、日本のラジオ、TV、ウォークマン、象印炊飯器などが人気を集めた。
国際市場が繁栄すると、自然に銀行と官公署、店舗などが周辺に立ち並び、これによって国際市場は釜山の中心地であり、流行をリードする地域となった。現在も国際市場の周りは、釜山で最もにぎやかで流動人口が多い地域である。国際市場のこのような様子は、最近映画の舞台だった「コップニネ店」をはじめとして、市場自体が一つの観光商品となっている。

その後、1988年に実施された海外旅行自由化で低迷し、2002年に市場近代化事業を実施し、6つの区域にアーケードを設置し、2008年には富平カントン市場、昌善商店街、万物の通りを結び、国際マーケットタウンを結成して商圏活性化に乗り出している。2016年現在、国際市場の周辺は大きく、グルメ横丁と若者の通り、万物の通り、アリラン通り、旧製路地に区分される。
国際市場の代表的な食べ物は、シアホットク、忠武キンパプ、豚の腸詰め、にゅうめん、練り天、トッポッキ、混ぜ春雨が特に有名で、それ以外にもきんちゃく、ヌタウナギ、ローストチキンなど、非常に多様な食べ物がある。

관광정보 공유하기