• 감천문화마을
  • 감천문화마을
  • 감천문화마을

甘川文化マウルは、釜山広域市沙下区甘川洞に自然に形成された村だ。甘川洞のマウル美術プロジェクトが成功し、この村が全国的な観光地として名声を博し、文化マウルという名前となった。本来は朝鮮戦争避難民と太極道の信徒が移住して形成された村で、以前は太極道信仰村と呼ばれた。甘川文化マウルは、1950年代の朝鮮戦争避難民の厳しい生活がそのまま溶け込み、民族現代史の痛々しい断面と釜山の歴史をそのまま見せている。特に山裾に沿って整然と並ぶ階段式住居地と、すべての道がお互いに通じる「美路迷路路地」は、甘川だけで感じることができるユニークな景観である。甘川のこうした特色と歴史的価値を生かすために、2009年に地域芸術家と村住民が集まって「マウル美術プロジェクト」を開始した。

2009年「夢見る釜山のマチュピチュ」事業と「美路迷路路地プロジェクト」で住居環境の整備と壁画事業が行われ、現在のような姿に変わった。狭い路地ごとに色とりどりの壁画と絵画で飾られ、マウルの壁が色鮮やかに調和を成すと、甘川文化マウルは全国的な観光地として名声を高めた。続いて村にカフェと工房、店などが立ち並び本格的な観光地としての様相を備えながら、この村は「韓国のサントリーニ」「釜山のマチュピチュ」と呼ばれ、一年に140万人が訪れる名所となった。今も村の空き家を工房、ギャラリー、ブックカフェ、レストラン、民宿などに改造し、マウルの空き地と屋上を生態庭園にする生活環境改善事業が推進されている。

主な施設としては、甘川文化マウル案内センター、カムネオウルト、ハヌルマル、マウルチギ事務所、カムネゴル幸福発電所などがある。ここで、金属工芸、カリカチュア、陶磁器、木工芸、パズルペイントなどの体験プログラムを運営している。このうち、ハヌルマルは、甘川文化マウルに関する資料を展示する案内館であり、展望台の役割をするところである。村住民が居住していた家の原型をそのまま保存したこの建物の屋上展望台に立つと、龍頭山を含む釜山港と甘川港を一緒に眺めることができる。近くにフォトゾーンで有名な「星の王子さま」の像がある。

周辺グルメ

次の駅

관광정보 공유하기