15_산리마을모노레일_02
  • 산리마을회관
  • 산리마을회관
  • 산리마을회관

山里は釜山市中区瀛州洞の昔の地名である。山腹道路の金守賢の音楽サロンと蜜茶苑時代の間に位置する山里マウルは、全国初の住民福祉型として開通したモノレールとストリートギャラリー美術祭で、人々を呼び込んでいる。正式名称は瀛州洞オルムギルモノレールである。2014年9月11日に開通して、一日に約500人程度が利用している。運営時間は午前6時〜午後10時まで。急な階段を下りると、すぐにバス停とつながり利用するのに便利である。村の家々は、ストリートギャラリーを通して飾られた各種壁画と装飾物できれいに飾られている。ここから壁画マウルツアーを始め、中央公園で終わるコースをたくさん利用する。

山里マウルで、もう一つ見たいのは、モノレール横の山里協同組合である。この協同組合は、釜山市が力点施策として推進した山腹道路ルネサンスプロジェクトの成果物として、2014年山腹道路開通50周年記念式で優秀共同体に選ばれ、釜山広域市長から表彰された。山腹道路ルネッサンス事業が始まって以来、観光客が増え、山腹道路拠点施設として機能している。

山里協同組合があるマウル会館1階は、カフェを兼ねた農産物直取引市場空間で、2階は共同作業場と会議室、3階は事務室と図書館として使用している。毎月最終土曜日にマウル緑色市場が開かれ、杵体験プログラムを進行している。

釜山市では、この山里マウル会館コミュニティ文化センター「金守賢の音楽サロン」、高齢者雇用支援センター「蜜茶苑時代」と共に、山腹道路ルネッサンス事業拠点として、中区地域山腹道路住民の共同体回復活動と文化体験の機会を拡大する山腹道路の名所になると期待している。

周辺グルメ

次の駅

관광정보 공유하기