• Placeholder
  • Placeholder

影島大橋は韓国初の跳開橋であり、連陸橋として建設された。跳開橋とは、大型船が運航できるように、橋の天板が上に上がるように設計された橋を意味する。1934年に開通し影島と光復洞を結ぶ交通の中心的役割をした。1966年跳開機能を停止し、2003年には安全診断検査の結果、撤去論争があったが、歴史的な象徴性を考慮して、2013年に跳開橋として拡大・復元された。2006年11月、釜山市記念物第56号に指定された。

影島橋ほど、釜山を象徴する構造物も珍しい。影島橋は、釜山の近代史を共にしてきた歴史的象徴として、その価値が非常に高い。朝鮮戦争当時、避難民は避難中に別れた家族をこの橋の上で待った。歌手・玄仁が歌った「強くなれ、クムスンよ」は影島橋の欄干の上で別れた恋人クムスンを心を焦がして探す男性のいじらしい心情を描いた歌だ。歌詞に「興南埠頭」「1•4後退」「国際市場」「影島橋」など、時代を象徴する言葉と戦争の惨状が切なく描かれ、「国民歌謡」と呼ばれるほど大きな人気を博した。影島橋の入口に彼の歌碑が立っている。

チャガルチ市場と乾物卸売市場に代表される南浦洞も外すことができないツアーコースである。南浦洞は釜山国際映画祭、チャガルチ文化観光祝祭が開かれた文化観光の中心地である。また、ここは、チャガルチ市場、乾物市場など国内最大の水産物集散地でもある。チャガルチ市場は釜山南港一帯の海岸に小石が多く、昔から「チャガルチ」と呼ばれてきた。南浦洞はかつて釜山の代表都心地だったが、商圏が西面に移転し、その影響力が徐々に弱まっている。

周辺グルメ

次の駅

관광정보 공유하기